B’z、宝塚歌劇、中島みゆきを中心に はまっているモノのあれこれを語り、紹介していきます。 ブログ内のCD、DVD、本の画像はクリックしますとAmazonで商品の確認や購入もできますので、ご利用ください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
月組公演「スカーレット・ピンパーネル」
2010-05-07 Fri 14:02
月組大劇場公演「スカーレット・ピンパーネル」

きりやん率いる新生月組、再演とはいえ、いい作品での出発でよかったです。
おかげでムラでもチケット難でしたが・・・

初演星組に比べると若い面子なんで、冒頭のギロチンなパリ民衆のドロドロ感は薄かったものの、
続く霧矢のソロ♪ひとかけらの勇気 では思わず涙が・・・
歌も安心して聞けるし、正義の遊び人イギリス貴族を飄々とマジメに演じてさすがです。
グラパン安蘭のように笑いをとるというよりは、全くの別人に成り切っておりました。
で、相手役マルグリット蒼乃ーまだ研7でしたっけ?
遠野の娘(女)役の集大成とも言うべきアノ役を
難なく、彼女らしくやっていてホントビックリしましたよ。
大人のコンビとしてこれからも楽しみー

「スカーレット・ピンパーネル」星組大劇場公演主題歌CD


役替りショーヴラン明日海でしたが
黒っぽい化粧に細いあごひげがいけてて、見直しました。
歌も♪君はどこに が少し不安定なとこがあった以外はちゃんと聞かせてくれましたし、
天然ボケキャラな柚希の時とはちがって
どこまでもマジメで運命に翻弄される様は最後まで哀れで嵌まってしまいましたよ。
また、人気が出るでしょうねー
は元々興味なかったのが今回ノドをつぶしたようでー
役替りアルマンは変に子供っぽいだけで相手役の憧花と親子のようなアンバランスさ・・・
せめて化粧もっと白くしてフランス青年っぽくすればよかったのにーアルマンはソロがなくてよかったけど。
柚希バリの声のまま声変わりしてもいいんじゃないかと思いますがね。

プリンス桐生は笑わせてもらいましたが1時間以上出番がなくて残念、
初演の組長は2役してましたよねー民衆にでも入れてあげてほしかったです。
ピンパーネル団青樹は歌えるマリコさんって感じでこれからも別格としてがんばってほしいし、星条はひとりうまい歌が目立ちすぎて役不足がもったいないです、で、それ以下が全然ダメでした・・・
で、彼らの恋人ちゃんたちもーこれといった子がいない・・・
エトワールの羽咲も、うーん・・・でした。
注目のシャルルは男役さんでしたが、路線顔じゃないかもー

星組ほどじゃないけど、
娘役、中堅、若手が薄いのが気がかりな新生月組でした。

2010年版宝塚パーソナル卓上カレンダー 霧矢大夢



初舞台生ラインダンスは銀橋板付きロケットで終わるという
今までにない演出でしたが、やはり拍手少なかったです。
スポンサーサイト
別窓 | 宝塚歌劇 | コメント:0 | トラックバック:0
<<星組バウ公演「リラの壁の囚人たち」 |   今夜はB’z?宝塚?それとも中島みゆき? | 宝塚歌劇検定  結果通知>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


|   今夜はB’z?宝塚?それとも中島みゆき? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。