B’z、宝塚歌劇、中島みゆきを中心に はまっているモノのあれこれを語り、紹介していきます。 ブログ内のCD、DVD、本の画像はクリックしますとAmazonで商品の確認や購入もできますので、ご利用ください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
星組公演『My dear NewOrleans』『ア ビヤント』
2009-03-04 Wed 22:57
日曜日に行ってきましたよー


星組公演『My dear NewOrleans』『ア ビヤント』

Le Cing (ル・サンク) 2009年 03月号 [雑誌]


お芝居、当然サヨナラ仕様でしたが
人種差別の中、ジャズが生まれていく過程が描かれ
中々良くできた作品だったと思います。
トップコンビをはじめ退団者が多い中、
夢乃、紅、真風とこれからの若手たちにも見せ場ありましたしね。
「ブエノスアイレスの風」で注目した水さん似の真風
大劇場でも研3とは思えない程、
男役が出来上がっていて、驚きました。
水さんでも研3であそこまでは出来上がってませんでしたよねー
(扱いもまだそんなによくなかった記憶がー)
あちこち泣ける所が満載でしたが
一番泣けたのは、退団とは関係ない
最後の柚希のセリフだったりします。
ゴスペルがちょっと迫力がなかったのは
演出がいまいちだったんでしょうねー残念・・・

ショーもサヨナラ一色かと思いきや
前半はそれほど・・・結構軽く豪華でスピーディーで飽きませんでした。
大好きなシャンソンがいっぱい出てきてうれしかったけど
音楽がちょっと尻切れっぽいのが気になりましたー
青木・手島とあまり見かけない女性陣が音楽担当でした。
結構お気に入りだった
が1場面まかされていたのはちょっとビックリ。
柚希の場面より長かったし、
立樹でもメドレーの1シーンだけしかなかったのに・・・
退団が急だったってことでしょうかね?
後半は涙、涙でした。

とうこさん(安蘭)、女装もありますし
銀橋から下りて、戻る時観客がお尻を押し上げる演出もありました。
最前列のセンターなんか取れませんがうらやましかったですー
安蘭けいメモリアルブック (タカラヅカMOOK)

雪時代から新公では轟さんのポジションで活躍してて
ずーっと見守ってきましたが
たーくさんの素敵な舞台、ありがとうございました。

ア  ビヤント(またね!)


でも新生星組「太王四神記」ってー
だいぶん役を減らして書き換えないとー
まだ、誰かよそから入ってくるんでしょうかね?
スポンサーサイト
別窓 | 宝塚歌劇 | コメント:0 | トラックバック:0
<<雪組&桜 見納め・・・ |   今夜はB’z?宝塚?それとも中島みゆき? | 結局フラゲしました♪>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


|   今夜はB’z?宝塚?それとも中島みゆき? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。